不動産担保を始める前に知っておくべきアレコレ

ローンについてもっと詳しくなる!不動産担保についてチェック

不動産担保を始める前に知っておくべきアレコレ

持つ人

不動産担保の審査基準とは

不動産担保では審査が必要になります。まず1つめに、不動産担保にあげられた不動産に担保として利用出来る価値があるのかです。そして、お金を融資する相手の信用性のチェックが入ります。個人の担保であれば、勤続年数などが重視されてチェックされるでしょう。さらに不動産担保なので、不動産のリスクなども考慮されてチェックしている事を頭に入れておくと良いです。

ローンの種類について

不動産担保のローンには、種類があります。多くの利用者に合わせて作られているため、複数の種類が存在しているのです。一般的に多くの人が利用するのが、住宅ローンだと言えるでしょう。自宅購入時に必要になるローンだからこそ、融資金額が多めに設定されているところも種類の特長です。

不動産担保をする時の必要な書類

不動産として確認出来る書類

不動産担保として確認出来る書類は、不動産登記簿謄本や住宅地図などがあげられます。最低でも不動産登記簿謄本は準備しておくようにしましょう。持っていれば審査の際に、融資する業者が計算をしやすくなるためです。

本人確認

身元を確認出来る書類が必要です。そのため、運転免許証がなければ、健康保険証などを提示するようにすると良いでしょう。契約には印鑑証明書を求められるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

未納がないかチェック

不動産担保には、税金の未納がないかも厳しくチェックされます。納税証明書にて確認出来るので、事前に未納がないか確認しておきましょう。

残高の確認

担保にする不動産にローンが残っている場合、ローン残高証明書などが必要になります。返済予定表も該当するので、準備しておくようにしましょう。

資金内訳を細かく記載しているもの

法人で開業資金を借りる際には、資金内訳がきちんと明記された書類の提出が求められます。商業登記簿謄本など、漏れのないように準備を進めておきましょう。

広告募集中